アナログレコード(Vinyl)とは


Recordを日本語に訳すと記録。つまり、音を記録してその情報の振幅を樹脂に刻み込んだメディアです。このメディアの刻みに針を当てて振幅を読み取り、機械的に増幅させて音を再生します。針は丈夫なものが要求され、サファイアやダイアモンドが使用されています。
日本ではCDなどのデジタルメディアと区別してレコードの事を「アナログ」とも言いますが、海外及びDJ界隈ではレコードがビニール(Vinyl)で出来ていることから、「バイナル」とも呼ばれています。実際の原材料はポリ塩化ビニルコンパウンドとなります。
レコードはCDと違って両面に音を記録することができ、表をA面、裏をB面と呼びます。昔はシングル曲をリリースする際、A面にメインの曲、B面に今で言うカップリング曲を入れる事が多く行われておりました。

レコード初期の盤は1分間に78回転であった為、これを標準としてSP (Standard Playing)盤と名称。SP盤と比較して長時間録音可能な1分間45回転の7インチ・レコードをEP (Extended Playing)盤、さらに長時間録音可能で1分間に33 1/3回転 (3分間で100回転)の12インチ・レコードをLP (Long Playing)盤と呼んでおります。回転数のRPMとは、Rotation (又はRevolution) Per Minuteの頭文字で、1分間の繰り返し回転数を示します。

アナログレコード(Vinyl)のサイズ

about-top-rec

・7インチ (EP)

直径170mm・42g (±7g)程のレコードで、片面に1曲収録が多いことからシングル盤と呼ばれています。センターホールの大きさは大小2種類あり、穴の大きいレコードはその形からドーナツ盤とも呼ばれ、ジュークボックスでレコードを連続して再生するにあたり穴を大きくして容易に次のレコードに替えられるようにした為です。
ドーナツ盤をレコードプレーヤーで再生する際、大きい穴を小さい穴に合わせるアダプターを使います。回転数33RPMに片面6〜6.5分程まで、45RPMで片面4〜5分程度まで収録が可能と考えます。通常の42gの重量に対して厚めの盤面となる70gの重量盤もあります。

・10インチ

直径250mm・110g (±10g)程のレコードになります。回転数33RPMに片面15分程まで、45RPMで片面10分程度まで収録が可能と考えます。

・12インチ (LP)

直径300mm・140g (±10g)程のレコードで、LP盤とも呼ばれています。回転数33RPMに片面20分程まで、45RPMで片面15分程度まで収録が可能と考えます。録音レベルを下げる事により最長分数を増やす事が可能。通常の140gの重量に対して厚めの盤面となる180〜220gの重量盤もあります。

アナログレコード(Vinyl)の種類

7inch-normal-rec

・スタンダードレコード

レコード盤面が黒い通常のレコードです。

7inch-color-rec

・カラーレコード

レコード盤面をカラーにしたレコードです。

7inch-spl-rec

・カラーMixレコード

カラー盤面に追加カラーを入れることにより、エッジが効いた仕上がりになります。

7inch-pic-rec

・ピクチャーレコード

レコード盤面にイラストや写真などをデザインした5層構造のレコードです。

RECORDS EXPRESSは、海外アナログレコード(Vinyl)プレスを安心サポート!国内最安値で提供中!